Top >  デメリットも知ろう >  がん保険のデメリット

がん保険のデメリットを知ろう!一部の人はデメリットにも。

がん保険のデメリットとしてまず考えられることは、がんに特化された保険であるため、 がん以外の病気になったときの保障が受けられないということではないでしょうか。

がん保険の中には、 がん以外の病気やケガも保障する特約をつけることができるものも増えてきました。
がん保険は医療保険とは違い、いわゆる掛け捨てタイプのものが多いといわれています。
中にはボーナスとして、数年毎に手当てが支給されるものもありますが、 全体的に掛け捨てのものが多いといえます。
保険料がほぼ掛け捨てであるという点だけに着目した場合、 それをもったいないと思われる人もいらっしゃると思います。
そういった人にとって、掛け捨ては大きなデメリットであるといえます。
また、がん保険の契約内容には、細かい規定があり、 たとえば、通院の場合には適用されないというものや、 上皮内新生物(または上皮内がん)と呼ばれる粘膜の表面などに発症している 初期の簡単な治療で治るといわれるがんには適用されないというものもあります。
こういった細かい規定を事前にしっかりと確認してからがん保険に加入しなければ、 がんであっても保障が受けられなかったということになってしまいます。
また、がん保険に特約をつけて、ほかの病気でも保障が受けられるよう契約した場合、 たとえば、がん保険が終身ではなく、10年など定期であった場合には、 がん保険の期限が切れると同時に特約の医療保険の効果もなくなってしまいます。
がん保険を解約した場合も同様に、特約も解約されてしまうことになるため、 その段階で医療保険の加入を検討した際、年齢が高ければ高いほど保険料も上がるため、 負担する保険料は高く、場合によっては年齢制限で加入できる保険が限られてしまう場合もあります。

その他のがん保険に関する情報

がん保険について基礎知識を知ろう
がん保険とは、がんと診断された場合、 がんの治療に必要な入院や手術に対し給付金が支払われる保険です。

がん保険にはメリットが沢山!その中の一つは!
もし、がん保険のメリットについて1つ挙げるとするならば、 がんになったときの保障の手厚さであるといえるのではないでしょうか。

がん保険のお得な選び方をご紹介
数あるがん保険の中から、1つを選ぶのはとても大変です、 がん保険を選ぶときには、いくつかの条件で絞り込んでいくことが、 自分がイメージするがん保険に近いものを見つける方法のひとつといえます。

終身がん保険について
がん保険には、たとえば10年など一定期間保障されるタイプのものと、 一生涯保障されるタイプの終身がん保険があります。

医療保険のがん保険について
医療保険の種類はとても多く、期間も1年の短期から終身まであり、保障のタイプもさまざまです。

女性のがん保険加入者増加の原因とは。
女性には、乳がん、子宮がん、卵巣がんなど、女性特有のがんがあります。

オススメはアフラックのフォルテプラン!
がん保険で最近注目されているのが、 がん保険でトップシェアを誇るアフラックの「がん保険f(フォルテ)」です。

人気のがん保険はやっぱりアフラック?
たくさんの保険会社からたくさんのがん保険が発売されています。

がん保険ランキング!上位の保険会社は・・・??
たくさんの保険会社からがん保険が発売されています。

がん保険の比較条件とは・・・??
がん保険にはさまざまな種類があります。

がんにかかったことがある人でも入れる保険とは!
がんは治ったからといって、油断のできない病気です。 再発の可能性もあり、転移の可能性があります。

乳がんの保険は最近人気傾向にあります。
乳がんは、女性のがんの代表的なものです、 乳がん検診も行われ、比較的簡単に自己診断できるとは言われています、 乳がんを発症する女性は年々増加傾向にあります。

がん保険を解約したい時はどうしたらいいの?
加入しているがん保険を解約したいときには、 加入しているがん保険の内容をしっかりと確認する必要があります。

お得な口コミ情報を知ろう
がん保険の口コミを見ると、がん保険に実際に加入している人、 加入を検討している人などから寄せられたとても参考になる情報を得ることができます。


デメリットも知ろう

デメリットも確かに存在します。がん保険の意外な落とし穴とは?

関連エントリー

がん保険のデメリットを知ろう!一部の人はデメリットにも。