Top >  解約したい時は >  がん保険を解約したい時はどうしたらいいの?

がん保険を解約したい時はどうしたらいいの?

ここでは保険を解約する際の注意事項を解説します。

受けられなくなる保証をよく吟味しよう

加入しているがん保険を解約したいときには、まず加入しているがん保険の内容をしっかりと確認しましょう。がん保険に特約をつけていた場合は解約することよって特約も解約されることになりますから注意が必要です。

医療保険に加入せず、がん保険に特約をつけることで病気やケガに備えている場合などは、 がん保険の解約とともに病気やケガの保障もなくなるということを考えなくてはいけません。

また、解約払戻金のあるタイプのがん保険に加入している場合、 当然ながら月額の保険料は解約払戻金の無いがん保険の保険料よりも高くなっていますが、 解約するタイミングによっては、ほとんど解約払戻金が戻らない場合もあり、 ある程度の期間加入していたとしても少なくなります。

がん保険は、比較的掛け捨てタイプのものが多いので、 ほかの医療保険に比べると解約払戻金が少ないというデメリットは少ないといえます。

解約後の保険料に注意

がん保険に限らず、保険を解約する際に気をつけておくこととしては、 解約予定の保険の加入時期や加入内容にもよりますが、 解約後、新たに加入するがん保険の保険料のほうが高くなる可能性があるということです。

がん保険の保険料は、他の医療保険などの保険料と同様に、 年齢が高くなるほど保険料も高くなりますから、解約予定のがん保険の加入年齢と、 現在の年齢の幅が大きいほど、保険料は高いと考えたほうがいいでしょう。

また、特約で医療保険をカバーしていて、ほかに医療保険に加入していなかった場合、 がん保険を解約する年齢によっては、医療保険の加入が制限されることもありますので注意が必要です。

クリスマスイヴについての解説

クリスマスイヴは、クリスマスの前日という認識の方がほとんどだと思いますが、実はその昔、キリスト教の暦の数え方が今とは違い、12月24日の日没~12月25日の日没前までの2日間にかけてがクリスマスでした。

それが時代とともに1日の区切りが変わり、2日を跨いでいたクリスマスは別々になり、24日がクリスマスイヴという風になったそうです。


次の情報

口コミ情報の総括

その他の情報

がん保険とは
がん保険とは、がんと診断された場合、 がんの治療に必要な入院や手術に対し給付金が支払われる保険です。

がん保険のメリット
もし、がん保険のメリットについて1つ挙げるとするならば、 がんになったときの保障の手厚さであるといえるのではないでしょうか。

がん保険のデメリット
がん保険のデメリットとしてまず考えられることは、がんに特化された保険であるため、 がん以外の病気になったときの保障が受けられないということではないでしょうか。

がん保険のお得な選び方をご紹介
数あるがん保険の中から、1つを選ぶのはとても大変です、 がん保険を選ぶときには、いくつかの条件で絞り込んでいくことが、 自分がイメージするがん保険に近いものを見つける方法のひとつといえます。

終身がん保険について
がん保険には、たとえば10年など一定期間保障されるタイプのものと、 一生涯保障されるタイプの終身がん保険があります。

医療保険のがん保険について
医療保険の種類はとても多く、期間も1年の短期から終身まであり、保障のタイプもさまざまです。

女性のがん保険加入者増加の原因とは。
女性には、乳がん、子宮がん、卵巣がんなど、女性特有のがんがあります。

オススメはアフラックのフォルテプラン!
がん保険で最近注目されているのが、 がん保険でトップシェアを誇るアフラックの「がん保険f(フォルテ)」です。

人気のがん保険はやっぱりアフラック?
たくさんの保険会社からたくさんのがん保険が発売されています。

がん保険ランキング!上位の保険会社は・・・??
たくさんの保険会社からがん保険が発売されています。

がん保険の比較条件とは・・・??
がん保険にはさまざまな種類があります。

がんにかかったことがある人でも入れる保険とは!
がんは治ったからといって、油断のできない病気です。再発の可能性もあり、転移の可能性があります。

乳がんの保険は最近人気傾向にあります。
乳がんは、女性のがんの代表的なものです、乳がん検診も行われ、比較的簡単に自己診断できるとは言われています、 乳がんを発症する女性は年々増加傾向にあります。

お得な口コミ情報を知ろう
がん保険の口コミを見ると、がん保険に実際に加入している人、 加入を検討している人などから寄せられたとても参考になる情報を得ることができます。