Top2008年08月20日 »

最新記事【2008年07月17日】

.

がん保険とは、がんと診断された場合、
がんの治療に必要な入院や手術に対し給付金が支払われる保険です。
がん保険は、保険会社や保険商品によって、給付金の内容が異なり、
例えばがんと診断された段階で給付金が支払われるという保険内容のがん保険など、様々です。

がんという病気は、治療が難しく、病状によっては回復が望めないことから、
以前は本人への告知をはじめとし、大変デリケートな病気として扱われてきました。

医療技術の進歩とともに、さまざまながんの治療方法や治療薬が研究、開発され、
現在では、がんは早期発見、早期治療で、十分に治療ができ、完治も望める病気といわれています。

一生涯でがんと診断される割合は、男性は2人に1人、女性は3人に1人ともいわれています。

また、高齢化社会が進み、日本人の平均寿命は、
男性は79歳、女性は85.81歳まで伸び、世界でも有数の長寿国といわれています。

このような数字を見ると、がん保険の加入の重要性や必要性について考えさせられるという人も
たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

がんの治癒率が高くなっている理由のひとつに、先進医療による治療が挙げられます。

先進医療による治療を受けた場合、自分で負担する費用はかなり高額になる場合もあります。

先進医療による治療は全額自己負担になり、高額医療費の払い戻しも適用されません。

そのため、先端医療の治療費だけでも数百万円以上かかることがあります。

たとえばそういった治療を行う場合にでも、がん保険に加入していれば、
金銭的な心配が軽減され、治療に専念することができます。

がんは、生涯の発症率を考えると、他人事ではありません、
そういったことから、がんに対する意識も高まり、がん保険に加入する人が増えています。


.

もし、がん保険のメリットについて1つ挙げるとするならば、
がんになったときの保障の手厚さであるといえるのではないでしょうか。
がんの治療にはとてもお金がかかります、がんの種類や症状、がんの治療内容にもよりますが、
がんの治療にかかる金額はとても高いといわれています。

がんの治療にかかるお金だけが注目されがちですが、
もし、仕事をしている人ががんの治療を受けることになったら、
たとえば会社勤めをしているひとであれば、会社に行くことはできません。

当然、毎月、仕事をすることによって得ていた収入も途絶えることになるのです。

もちろん、加入している健康保険によっては、
疾病手当てやなどが支給されることもありますが、
給料より多いということはありませんから、収入はかなり減るといってもいいでしょう。

個室や差額ベッド代の必要な病室に入った場合、
保険が適用されない先進医療が治療に最適といわれた場合など、
より多くの費用がかかります。

収入が減り、高額な治療費がかかったときの、
金銭的な負担を軽減させてくれるものが、がん保険といえます。

最近発売されているがん保険は、

がんと診断された時点で一時金が支給されるもの
入院だけではなく通院に対しても保証金を支給するもの

など、さまざまで、数は限られていますが、
がんにかかったことがある人でも加入できるがん保険もあります。

多くの保険会社ががん保険に注目し、
多くのがん保険が発売されるようになるにしたがって、
より加入者ががんにかかったときの保障の大きいがん保険が増えています。


.

がん保険のデメリットとしてまず考えられることは、がんに特化された保険であるため、
がん以外の病気になったときの保障が受けられないということではないでしょうか。
がん保険の中には、
がん以外の病気やケガも保障する特約をつけることができるものも増えてきました。

がん保険は医療保険とは違い、いわゆる掛け捨てタイプのものが多いといわれています。

中にはボーナスとして、数年毎に手当てが支給されるものもありますが、
全体的に掛け捨てのものが多いといえます。

保険料がほぼ掛け捨てであるという点だけに着目した場合、
それをもったいないと思われる人もいらっしゃると思います。

そういった人にとって、掛け捨ては大きなデメリットであるといえます。

また、がん保険の契約内容には、細かい規定があり、
たとえば、通院の場合には適用されないというものや、
上皮内新生物(または上皮内がん)と呼ばれる粘膜の表面などに発症している
初期の簡単な治療で治るといわれるがんには適用されないというものもあります。

こういった細かい規定を事前にしっかりと確認してからがん保険に加入しなければ、
がんであっても保障が受けられなかったということになってしまいます。

また、がん保険に特約をつけて、ほかの病気でも保障が受けられるよう契約した場合、
たとえば、がん保険が終身ではなく、10年など定期であった場合には、
がん保険の期限が切れると同時に特約の医療保険の効果もなくなってしまいます。

がん保険を解約した場合も同様に、特約も解約されてしまうことになるため、
その段階で医療保険の加入を検討した際、年齢が高ければ高いほど保険料も上がるため、
負担する保険料は高く、場合によっては年齢制限で加入できる保険が限られてしまう場合もあります。


.

数あるがん保険の中から、1つを選ぶのはとても大変です、
がん保険を選ぶときには、いくつかの条件で絞り込んでいくことが、
自分がイメージするがん保険に近いものを見つける方法のひとつといえます。
まずは、がんの保険期間を一生涯保障する終身タイプにするか、
一定の期間を定めて保障する定期タイプにするかを選ぶ必要があります。

がん保険の保障内容は、たとえば女性であれば、
女性特有の乳がん、子宮がん、卵巣がんなどの保障を手厚くするがん保険、
がん全般にわたり均等に保障するがん保険、
また、通常のがん保険では保障対象にならない、上皮内がんや、
先進医療の治療費に至るまで保障するがん保険などがあります。

また、がん保険の内容をさらに充実させる特約をつけるか、
病気やケガなどを保障する特約をつけるか、などを検討します。

そういった保障内容の中から、1つを選び、候補とします、
あとは、月々支払う保険料の見積もりを出し、
自分が今後支払い続けることができる保険料に近いがん保険を選びます。

保険料の見積もりについては、ほとんどの保険会社のホームページに
年齢、性別を入力すると月々の保険料が算出されるという機能がついているので、
そういった機能を利用して算出してみるといいでしょう。

がん保険を選ぶ上で、がんの保障の内容はもちろんですが、
たとえばその保険料をずっと払い続けることができるのかどうか、
ということもポイントになります。

大体の条件が揃ったら、該当するがん保険の資料請求を行い、
資料を読んだ上でより自分の希望に近いがん保険を選ぶことをおすすめします。

また、フリーダイヤルなどで問い合わせできる窓口もありますので、
不明な点があったら、がん保険加入の前にしっかりと確認しておきましょう。


.

がん保険には、たとえば10年など一定期間保障されるタイプのものと、
一生涯保障されるタイプの終身がん保険があります。
高齢化が進み、人間の一生涯のがんの発症確率を考えると、
終身タイプのがん保険はとても有用な保険といえます。

終身タイプのがん保険の大きなメリットは、加入時の保険料が一生続くということです。

いずれの医療保険がそうであるように、年齢が低いほど、月額の保険料は安くなります。

そのため、加入した年齢が若ければ若いほど、払い続ける保険料も低く抑えることができますから、
特に退職後や高齢になったときに保険料の負担が少なくてすみます。

また、最近では、終身がん保険の保険料を、毎月支払い続けるという負担をなくすため、
60歳までに保険料を払い込み、以降の保険料は不要で、
がんの保障は一生涯続くという終身がん保険も発売されています。

収入の安定した時期に保険料の支払いを済ませることができるので、
退職後や高齢になって収入が少ない時期に保険料の負担がなく、
保障が受けられることから、とても注目されています。

終身がん保険ではなく、期間の決まったがん保険の場合、
加入年齢によって月々の保険料が決まるため、
更新するたびに保険料が高くなるというデメリットがあります。

また、がんを発症したことがあるなどの理由で、
希望するがん保険に加入ができない場合や、更新ができない場合もありますから、
その場合、選択できるがん保険の種類が限定されるというデメリットもあります。


.

医療保険の種類はとても多く、期間も1年の短期から終身まであり、保障のタイプもさまざまです。
がん保険に比べると、がんということで特別に保障が手厚くなることはありませんが、
スタンダードタイプでがんも保障に含まれている医療保険もあります。

医療保険には、特約をつけることができるものが多く、
その特約の中にがんの保障が含まれている保険がたくさんあります。

また、三大成人病といわれる、がん、脳卒中、心筋梗塞の保障が手厚い医療保険も増えてきています。

また、中には、がん、脳卒中、急性心筋梗塞になった場合、
以降の保険料の支払いを不要とし、かつ、保障が一生涯続くという医療保険も発売されています。

がんは通常の病気よりも医療費が高くなることが多く、手術をともなったり、
場合によっては先進医療による治療が導入されたり、入院や治療の期間も長引きます。

そのため、通常の医療保険の保障だけでは、がんの高額な医療費の負担は難しいともいえます。

がんの保障については、専門のがん保険による保障がより、がんに特化しているといえますが、
医療保険にがんの特約をつけるなど、がんの保障も手厚くした場合、
がん以外の病気で入院した場合に保障があるため、病気全般に対する保障が得られるといえます。

医療保険に加入し、さらに別途がん保険に加入するか、医療保険の特約にがんをプラスするかなどは、
保険内容や医療費の負担などを吟味し、検討する必要があります。

最近は、医療保険もがん保険とともに、保障される内容や特約の内容が増え、
加入者にとっては保険を選ぶ際の選択肢が増え、
より多くの保障が得られるようになってきているといえます。


.

女性には、乳がん、子宮がん、卵巣がんなど、女性特有のがんがあります。
そして、これら女性特有のがんの発症率も年々高くなっています。

最近は、人間ドックや健康診断の婦人科検診で
乳がん検診、子宮がん検診が多く取り入れられていることから、
早期に発見される確率も高くなっています。

女性のがんの発症率が一番高い部位は乳房で、
子宮も女性のがんを発症する部位の上位に挙げられています。

特に40代の女性のがんの死亡率のデータを見てみると乳がん、子宮がん、卵巣がんで
亡くなる人の割合はほぼ5割といわれるほど、高いデータを示しています。

女性向けのがん保険の特徴は、
乳がん、子宮がん、卵巣がんを発症ときの保障が特に手厚いということです。

もちろん、ほかの女性特有のがんにかかわらず、
がんを発症したときには、保障を受けることができます。

特に乳がんの場合は、乳房再建費用を保障するがん保険もあり、
女性ががんになったときの治療や入院、手術に至るまで、
特に手厚く保障を受けることができます。

また、掛け捨てタイプではなく、
5年ごとにボーナスが受け取れるタイプの女性向けがん保険もあります。

そのほか、女性向けの医療保険は、女性特有の病気を手厚く保障するというものが多く、
そのような医療保険のほとんどに、女性のがんである、
乳がん、子宮がん、卵巣がんの保障内容が充実しているもが多く見られます。

がん保険の加入を検討する際、
通常のがん保険を選ぶか、女性特有のがんの保障の手厚いがん保険を選ぶか、
については、たとえば、女性は年齢が高くなるに従い、
女性特有のがん以外のがんでの死亡率が高くなりますから、
加入する年齢などを考慮して選ぶのも選択方法のひとつといえます。

また、がん保険には、一生涯保障が続く終身タイプと、
10年など期間が決まっているタイプがありますから、
組み合わせて加入することを検討してもいいかもしれません。


.

がん保険で最近注目されているのが、
がん保険でトップシェアを誇るアフラックの「がん保険f(フォルテ)」です。
「がん保険f(フォルテ)」は、終身タイプのがん保険で、
保険料の支払いは加入期間中支払うタイプと、60歳までに支払いを完了し、
その後の保険料は必要なく保障が一生涯続くというタイプが選択できます。

保障内容は、がんと診断されたときの診断給付金をはじめ、
がん診断後2年目以降、5年目まで存在しているときにライフサポート年金が支払われます。

また、入院、手術ではなく、通院も保障され、特定治療や先進医療による治療を受けた場合にも、
一時金や給付金が支給されます。

この保障内容に、さらに特約をプラスすることもできる、
アフラックのがん保険の中でも、特に細かく、手厚い保障が受けられるがん保険です。

このがん保険であれば、1つでさまざまな保障を網羅することができ、
特約によって、病気やケガの保障、死亡保障、脳卒中や急性心筋梗塞の保障、
さらには女性特定疾病の保障をプラスすることができるため、
医療保険との一本化も検討できるがん保険です。

がん保険や医療保険にいくつも加入したくないという人にもおすすめのがん保険といえます。

また、今後増えていくと思われる先進医療による治療を、
自己負担医療費の重さを気にすることなく安心して受けられる先進医療の保障を含むがん保険は
これからがん保険に加入する人や変更を検討している人におすすめのがん保険といえます。

最近、先進医療の保障を含むがん保険を発売する保険会社が増えていますから、
選択肢も広がっています。


.

たくさんの保険会社からたくさんのがん保険が発売されています。
がん保険のシェアをアフラックが一時期は80%近く占めていることから(1999年時)、
人気のがん保険はアフラックの商品が多いようです。

そのなかでも、アフラックの
「がん保険f(フォルテ)」という新しいがん保険が注目されています。

0歳~80歳まで加入できる終身タイプのがん保険で、
いままでのアフラックのがん保険の中で、最も保障内容が充実しています。

たとえば、給付適用外とされることが多い上皮内がんが保障され、
高額の医療費がかかり健康保険が適用されない先進医療についても保障されるという
手厚い保障でとても人気があります。

また、チューリッヒ・インシュアランス・カンパニーからも多数のがん保険が発売されていますが、
加入期間中にがんにかからず、生存していた場合、
支払った保険料と同額の無事故給付金が支払われる「ガン診断保険」などが注目されています。

三井住友海上きらめき生命保険から発売されている、
「新がん保険」は、たとえば2日などの短期入院のがんの場合でも、
一律5日分のがん入院給付金を受け取ることができたり、上皮内がんも給付金の対象となったりと、
他社のがん保険ではカバーしていない部分を強化した保険で、こちらもとても注目されています。

そのほか、セコム損保から発売されている、
「自由診療保険メディコム」は、自由診療の治療を受けた場合でも所定の条件を満たせば、
自己負担が0円となるがん保険で、がんにかかったときの負担がかなり軽減されることから、
先進医療の治療も安心して受けることができると評判です。


.

たくさんの保険会社からがん保険が発売されています。
がん保険のランキングを見てみると、
資料請求ランキングや契約数ランキングなど、さまざまなランキングがあります。

中でも、アフラックのがん保険はさまざまながん保険ランキングで上位に選ばれています。

アフラックは日本ではじめてがん保険を発売した会社としても有名です。

また、がん保険のCMも数多く放送し、
がん保険加入の必要性や重要性についての認知度を高めるよう働きかけています。

アフラックのがん保険は、平成19年版のインシュアランス生命保険統合号によれば、
シェアが78.5%という高い数字が発表されています。

がん保険において、アフラックが高いシェアを誇っていることから、
がん保険のランキングの上位には、アフラックのがん保険が多くランクインしています。

アフラックが高いシェアを占めるなか、他の保険会社もさまざまながん保険を発売し、
いままで保障されなかった部分をケアしているがん保険も多くなりました。

チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー、三井住友海上きらめき生命保険、セコム損保など、
さまざまな保険会社のがん保険が資料請求ランキングなどでも、上位で健闘しています。

ランキングで上位のがん保険は、根強い人気があるがん保険と、
新しい保障内容などで人気を集めているがん保険が多く見られます。

がん保険のランキングもさまざまですが、資料請求ランキングなどを有効活用して、
資料を取り寄せ、保障内容や保険料などを比べ、
より自分のライフプランに近いがん保険を探す参考にしてみてはいかがでしょうか。


.

がん保険にはさまざまな種類があります。
がん保険の基本は、がんと診断され、入院・手術を行った場合に給付金が支給されるというものです。

まず、がん保険を比較する際には、その保険期間が気になるのではないでしょうか、
がん保険の保険期間は一生涯にわたってがんを保障する終身タイプのものから、
10年など、期間を定めた定期タイプのものがありますが、
最近では終身タイプのがん保険が特に人気が高いようです。

また、がん保険の保障内容についても、各社のがん保険を比較する際に大きなポイントになります。

がん保険の補償内容は、がん保険が適用される範囲と保障する金額によって大きく異なります。

そしてがん保険の比較のポイントとなるのは、月々の保険料です。

いくら希望するがん保険であっても、保険料が予算を超えていては加入が難しくなります。

がん保険に限らず、保険を解約するメリットというものはほとんどなく、
たとえば一定期間加入して保険を乗り換えた場合には、
年齢も当然その期間分高くなっていますから、保険料の設定も高くなります。

がん保険に加入する際には、
加入期間の間、ずっとその保険料を支払い続けることができるかということを踏まえたうえで、
自分の予算にあったがん保険で比較検討する必要があります。

がん保険を比較する際にとても便利なのが、インターネットの保険比較サイトなどです。

さまざまな比較サイトがありますが、
たとえば、ある程度条件を入れて絞り込める保険比較サイトもありますから、
自分が重視したい部分を条件として設定し、その条件にあったがん保険を検索し、
それから比較するという方法もとても便利です。


.

がんは治ったからといって、油断のできない病気です。
再発の可能性もあり、転移の可能性があります。
そのため、がんを患ったことがあるからこそ、がん保険に加入したいと考える人も多いと思います。

保険に加入する際には、がん保険に限らず、医療保険や養老保険などでも、
加入者の既往症などによって、加入制限を設けている保険がたくさんあり、
誰もが入りたい保険に自由に加入できるわけではありません。

特にがんの手術や入院などの治療費は高額です。

がんになり、がんの治療を受けたことがある人は、
そのことを知っているからこそ、がん保険の必要性を実感しています。

それに反し、現在発売されているがん保険のほとんどの加入条件に、
がんにかかったことがある人の加入を認めないという記載があります。

そのような中、最近では、ある程度の制限はありますが、
がんにかかったことがある人でも加入できるがん保険が発売されるようになりました。

たとえば、アフラックで発売している「優しいがん保険」は、
がんにかかったことがある人でも、最後の治療から10年以上経過し、
かつ年齢が満50歳~満80歳であれば、加入することができるがん保険です。

また、セコム損害保険が発売している「メディコムワン」の中には、
乳がんであること、女性であることが限定されますが、はじめてかかったがんが乳がんで、
その後再発や転移などによってがんにかかっていない人で、
かつ年齢が満20歳~満65歳であれば、加入することができるがん保険があります。

また、「メディコムワン」では、
乳がんのステージや手術からの経過日数に応じて加入条件や保険料などが設定されます。

このように、まだまだ加入には制限があり、
保険料も通常のがん保険に比べると高額ではありますが、
がんにかかった人でも加入できる保険があります。

今後さらに制限が少なく、
がんにかかったことがある人でも加入できるがん保険の発売が待たれています。


.

乳がんは、女性のがんの代表的なものです、
乳がん検診も行われ、比較的簡単に自己診断できるとは言われています、
乳がんを発症する女性は年々増加傾向にあります。
乳がんは発見や治療が遅れると、乳房から周辺組織へがん細胞が広がり、
血管やリンパ節を伝わって全身に転移する可能性が高い恐ろしい病気です。

女性が乳がんと診断されて、思い悩むことのひとつは手術を受けることで乳房を切除するのか?
ということが挙げられると思います。

治療や完治を優先させると、乳房を切除するほうがいいといわれても、
なんとかして乳房を残して治療ができないものかと願う女性は多いと思います。

がん保険に加入しており、たとえば入院や手術費用など金銭的な負担は回避されたとしても、
乳房を切除することになった場合の精神的なダメージは、計り知れないものです。

最近では、乳がんの保険の保障内容に、
乳房再建費用の負担が含まれるものが見られるようになりました。

乳房再建の手術はいくつか方法があり、患者本人の体内組織を使って乳房を再建する場合や、
シリコンなどで人工的に乳房を再建する場合などがあります。

乳房再建は、乳がんの切除手術を行ったあとで、続けて行われる場合もありますし、
後日、行われる場合もありますが、乳房再建の方法や時期によって、
健康保険が使える場合と使えない場合があります。

特に、人工的に乳房を再建する場合には、
豊胸手術と同様とみなされ、全額自己負担になってしまいます。

乳がん保険の保障内容に、乳房再建費用の負担が含まれていれば、
費用的な心配をせずに、乳房再建手術を受けることができます。

乳がんの治療は、がん細胞を切除して終わり、
ということではなく、患者さんのメンタルケアも必要です。

乳房再建は、手術後、患者さんの負う精神的なダメージを軽減させる方法のひとつです。

費用的な問題で乳房再建をあきらめざるを得なかった女性でも、
乳房再建費用の保障が含まれているがん保険に加入していれば、
心配なく治療を受けることができることから、再起では、手術だけではなく、
術後のケアを含めて保障範囲を広げた乳がん保険の人気が高まっています。


.

加入しているがん保険を解約したいときには、
加入しているがん保険の内容をしっかりと確認する必要があります。
がん保険に特約をつけていた場合、
がん保険を解約することよって特約も解約されることになりますから注意が必要です。

医療保険に加入せず、がん保険に特約をつけることで、
万が一の病気やケガに備えている場合などは、
がん保険の解約とともに病気やケガの保障もなくなるということを考えなくてはいけません。

また、解約払戻金のあるタイプのがん保険に加入している場合、
当然ながら月額の保険料は解約払戻金のないがん保険の保険料よりも高くなっていますが、
解約するタイミングによっては、ほとんど解約払戻金が戻らない場合もあり、
ある程度の期間加入していたとしても少なくなります。

がん保険は、比較的掛け捨てタイプのものが多いので、
ほかの医療保険に比べると解約払戻金が少ないというデメリットは少ないといえると思います。

がん保険に限らず、保険を解約する際に気をつけておくこととしては、
解約予定のがん保険の加入時期や加入内容にもよりますが、
解約後、新たに加入するがん保険の保険料のほうが高くなる可能性が高いということです。

がん保険の保険料は、他の医療保険などの保険料と同様に、
年齢が高くなるほど保険料も高くなりますから、解約予定のがん保険の加入年齢と、
現在の年齢の幅が大きいほど、保険料は高いと考えたほうがいいでしょう。

また、特約で医療保険をカバーしていて、ほかに医療保険に加入していなかった場合、
がん保険を解約する年齢によっては、医療保険の加入が制限されることもあります。


.

がん保険の口コミを見ると、がん保険に実際に加入している人、
加入を検討している人などから寄せられたとても参考になる情報を得ることができます。
がん保険の口コミは、がん保険のトップシェアを誇るアフラックのがん保険が多く、
特にアフラックの一番新しいがん保険がん保険f(フォルテ)」に関する口コミが多くみられます。

また、最近のがん保険の口コミでは、各保険会社で新しく発売しているがん保険が多く、
特に今までにない保障があるがん保険が多くみられます、
また、がんにかかったことがある人でも加入できるがん保険に関する口コミも多いようです。

三井住友海上きらめき生命の「新がん保険」は、
加入期間中は、回数、日数に制限なくがんの保障が受けられ、
上皮内がんも保障対象であるなど、保障が充実している点に注目が集まり、
口コミも増えています。

チューリッヒ生命の「終身ガン保険」は、
がんになったときの手厚い保障に加えて、
日本で初めてがん後遺障害手術給付金を支給するという画期的な保障プランや、
夫婦型という保障プランに注目が集まっています。

また、アメリカンホームの「ライフサイズ ガン」は、
夫婦型、家族型でもがん保険に加入できるほか、がん手術の手術保険金を回数制限なく、
支払うなど、がんになったときの手厚い保障が評判です。

そのほか、セコム損保の「自由診療保険メディコム」は、
高度医療や先進治療など、保険が適用されない自由診療を受けた場合でも、
保障され、基本的に「自己負担0円」という保険内容がたいへん話題を集め、口コミも増えています。


がん保険に入ろう!女性や高齢の方でも加入できるがん保険を紹介します

がん保険、沢山あるけれど一体何を選べばいいの??数多く存在するがん保険を、保険会社のプラン別に細かく分析&比較!女性専用のがん保険や、医療とセット、さらに終身がん保険等、様々な保険をランキングも交えて紹介しています。